最新キーワードは「SDGs」バートル2022-23秋冬新作情報

最新キーワードは「SDGs」バートル2022-2023秋冬展示会情報

みなさんこんにちは!バートルワークウェア専門店Lavoroworksです(^^)

 

先日行われたバートル2022-2023秋冬展示会に行ってきました!

バートル2022-2023秋冬展示会の様子

そこで、今回は秋冬の新作の中から、ピックアップしてご紹介いたします!

 

まだ発売前ですが、新作をいち早くチェックしてみましょう(^_^)/

 

ここ数年、様々な場面でよく聞く「SDGs」。

SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略で、2015年9月に国連サミットで採択された「持続可能な開発目標」

2030年までに持続可能でよりよい世界を目指すといった国際目標です。
将来に向けて地球環境や資源などを大切にし、現在の状況を持続させるということです。

 

節電などはもちろんだけれども、まずは自分たちが着る物をエコにというバートルの営業担当さんの言葉からバートルは今回、SDGsをかなり意識したとのことでした。

バートルのecolobeeアイコン
↑カタログでも今期からSDGs対応のエコな商品には、バートルお馴染みの蜂さんが「ecoloBee」のマークで教えてくれています。とてもかわいいですね😊

 

 

6201シリーズ
バートル6201ジャケット

カタログでも巻頭に掲載されている作業服です。

リサイクルポリエステルを35%使用した再生糸を用いた、SDGs対応エコロジカルモデル。

バートル6201ジャケットを着用するスタッフ
実際にスタッフにジャケットを試着をしてもらったところ、細身なテーパードシルエットで、バートルらしいスタイリングだなぁという印象でした。

スリムシルエットでありながら、伸長率は20%というクレイジーストレッチ!

ツイル素材ならではの光沢感もおしゃれさを増しています。

 

 

710 コーチジャケット
バートル710コーチジャケット

リサイクルポリエステルが36%含まれたサステナブル素材を使用。

ポリエステル100%で軽量かつ扱いやすいジャケットです。

バートル展示会にてコーチジャケットの背面画像
展示会でも実際に着用されていましたが、中にパーカーを着ると抜け感が出てカジュアルに着こなせますね!

さらに加工を施すことでオリジナル感も演出できます!

 

 

7420 軽防寒ジャケット
バートル7420軽防寒ジャケット

こちらもリサイクルポリエステルが36%含まれたサステナブル素材を使用。

ポリエステル100%なので軽量なSDGs対応ジャケットです。

軽量ながら、ボディーの背面には全天候型保温素材「サーモトロンラジポカ」、帯電防止効果のある「メガーナ」を使用しています。

バートル7420アクセントカラーのポイント
↑個人的には、ジャケット内側とファスナーのライムカラーがリンクしているのが、おしゃれに抜かりないな~ととても感心させられました(^_^;)

 

 

おしゃれなウェアでありながら、環境にも配慮できるというバートルならではの嬉しい取り組みですよね!

 

今まであまり意識したことが無いという方も、どうやって取り組んだらいいのかわからなかったという方も、これを機に今年の秋冬シーズンからSDGsに貢献してみてはいかがですか?

< 2022-2023秋冬新商品ラインナップはこちらのページをご覧ください >

これをシェアする